1.17

阪神・淡路大震災から今年で25年目の1月17日を迎えました。

当時は私も設計の仕事を始めて間もない頃、普段の仕事から耐震に対する認識はもちろん持っていましたが、あの大震災による被害を目の当たりにし、それまでと同じ考え方でいいのか?と自問する機会となりました。

設計の仕事は、美しい建物を設計することであり、機能的な建物を設計することでもあります。

ただ、それは表に見える部分。

優れた設計は、見えないところで耐震性にも優れた安心して生活できる建物でなければなりません。

阪神・淡路大震災以前だけでなくそれ以降も、日本では大きな地震があちこちで起きています。

東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震、そして大阪北部でも大きな地震がありました。

仕事柄、被災地での建物の被災レポートを目にする機会が多くあります。

地震で壊れた建物を数多く見ているということになると、その分耐震に対する意識は強くなるというわけです。

ところが未だに、日本の住宅では構造の強度の計算は実質しなくても、簡易的な計算だけでも良いことになっています。

これでは、大きな地震に耐えることはできません。

根幹となる法律である建築基準法では、国民の生命、健康、財産の保護のための最低基準となっています。

あくまで最低基準。

数百年に一度の地震で倒壊しなければ良いとされています。

倒壊しなくても、全壊であっても倒れない強度があればOKという解釈もできてしまう訳です。

耐震性、本当にそれでいいの?

熊本地震の建物被災レポートを見ると、

2000年以降に建てられた比較的新しい住宅の中で、調査範囲の中で無被害で住んだ建物と一部損壊以上の被害を受けた建物の割合は2:1程度となっています。

つまり、概ね30%の建物は被害を受け、中でも全壊、倒壊は6%あったということです。

これまで家づくりのお手伝いをしてきた中で、ご自身の住まいに対して、耐震性を良くしなくても良い、と言われる方はいらっしゃいません。

でも、どこまでするか?と聞かれたら常識の範囲内で、と答えられる方が大半です。

建てる側も、わざと地震で壊れる家を建てようとする業者はいないと思いますが、業者側もどれくらいが良い、という明確な答えを持っていないところも多くあります。

耐震性を良くすれば、当然コストも上がります。

業者側はコストが上がるくらいなら、建築基準法どおり最低限でもやっておけば大丈夫という思い込みもあります。

家を建てる方も、コストがかかるのは将来の地震に備える為に必要という認識を持っていただいたほうが良いでしょう。

では、どれくらいにすればいいの?

という疑問が出てくるかと思います。

いま、住宅を建てる側で、耐震性能を良くするという認識でされている方の多くは、耐震等級3という基準をクリアするのが妥当とかんがえているところが多いです。

耐震等級3とは、建築基準法での基準の1.5倍の強度を持っているという基準になります。

先程の熊本地震でのレポートによると、耐震等級3の住宅が16棟あり、その中で半壊、一部損壊が2棟、無被害が14棟で、87.5%が無被害であったということです。

この熊本地震のレポートは、一般の方向けにもわかりやすく出されています。

是非一度読んでみてください。

https://sapj.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/taishintoukyu3_susume.pdf

耐震等級3にすると費用はどれくらい増えるのか?というと、揺れに耐えるために壁が多くなったり、接続金物が多く必要になります。

規模や間取りにもよりますが、100万円UPするか?というとそこまではかかりません。

それよりも、耐震性がよくなる間取りで大幅なコストアップを避ける方法もあります。

地震多発期に入ったと言われる日本。

これから家を建てられる方は、耐震等級3を一つの基準に家づくりを考えてみることをおすすめします

なぜ、建築家との家づくりが難しいのか?

家を持とうと思うキッカケはそれぞれですが、

せっかく家を持つなら、自分好みの家他と少し違う家オリジナルな家

そんな家を持ちたいと思う人は多いと思います。

 

 

はじめての家ですから、ネットなどで色々調べたりして

オリジナルな家づくりの方法として、

建築家に設計を頼む 」と言う選択までたどり着いた方は少なくないでしょう。

でも、そこからの進め方が難しく迷っている人が多いのが現実です。

 

 

何から始めるのか? どうしたら良いのか?

どんなに調べて比較しても、わからない事がたくさんあります。

好みの家を検索し、画像で見つけた家を建てている建築家の設計事務所を

訪ねる人もいるでしょう。

「 建築家は専門家だから訪ねたらどうにかなる。」と思う人もいます。

一件でも訪ねた人ならわかりますが、

何も決まっていない状態で設計事務所を訪れても進みません

そこで、立ち止まってしまいます。

 

 

それは、『 土地がない事 』と

『 土地購入だけに住宅ローンが組めないと思ってしまう事 』にあります。

そして「土地探し」や「住宅ローン」は設計事務所の仕事ではないので、

お客様自身がする事になるのですが、何も知らない人には難しい事なのです。

土地がある人、土地を現金で買える人はかろうじて進むことができますが、

建築家との家づくりが高嶺の花のように思われているのは、

このハードルがあるせいではないかと感じます。

 

 

次回、具体的にそのハードルについて書いていこうと思います。

2020年さらなる進歩!

2020年。今年はいよいよ東京オリンピック開催の年となりました。

前回東京オリンピックの際、私はまだ6歳で、マラソンのアベベや、女子バレー(東洋の魔女)はかすかに記憶しております。

今回のオリンピックは前回のオリンピックから、なんと…55年という月日が流れ選手達の記録も目覚ましいものがあります。

その…2020年…「建築家ネットワーク」もさらなる進歩を目指します!

すでに、ご利用いただいてますサービスに加え新たなサービスを導入し更に、建築家の皆様に便利かつ有効にご利用いただけること間違いなし。

改めまして、ご案内をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

建築家ネットワーク・ナビ 

神戸ナビ 菅原よしみ  HPはこちら⇒http://www.cmr.co.jp/

 

 

 

持家と賃貸

持家と賃貸について考えてみたいと思います。

ネットでも持家と賃貸はどっちが得??という議論をよく見かけます。
金銭的には賃貸やホテル暮らしの方が得だ!といった意見を見かけることもあります。
金銭的にはどんな賃貸を借りるかで大きく変わってきますので今日は少し目線を変えて考えてみたいと思います。

「あ~~やっぱり、家が一番落ちつくなぁ~。」

旅行から帰ってきたときについ出てしまう言葉ですね。
想いを込めて自分たちが創ったマイホームには、
思い入れがあり、家に帰るとホッとするというお金には代えられないものがあると考えています。

そこで考えていただきたいのは、
何故マイホームを手に入れたいと考えたのか?
自分たち家族がどんな暮らしをするためにマイホームを考えているのか?
家づくりの第一歩はそこにあると考えています。

もし、
賃貸よりマイホームを購入した方が金銭的に得だから!
家賃より安い住宅ローンで家が買える!
その考え方は否定しません。

しかし、私たちはマイホームを考える時に

「家族が楽しくしあわせに暮らす」為にマイホームはあると考えています。

まず最初は家を家族の居場所としてどんな場所にするのかを考える。
そこにどのぐらいの予算を充てられるのか?
その決められた予算では持家か賃貸どちらが適しているのかを検討してみてもいいのではないかなと考えています。

株式会社ハウスインフォ
福永 義正

京都ナビより 新年のご挨拶

 

 

新年あけましておめでとうございます

 

京都エリア担当しております。

山田章人と申します。

 

2020年よりこちらのブログも投稿させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

私が子供の頃は、松の内の間はなんとなくお正月モードだった様な気がしますが、最近では三ヶ日も過ぎるとすっかり新年モードという感じも薄れてしまい、寂しい感じもします。

ちなみに、少し調べたら関東?東日本では松の内は1月7日までを言うようですね。

私が住んでいる京都、関西では1月15日までが松の内をさします。

 

お正月の迎え方だけでも、地域によって風習が違います。

私達の仕事である家づくりも、地域によって色々違いがあります。

 

ハウスメーカーとの家づくりでは、お構いなしに全国同じデザインですが・・・。

地域によっての違いもあるのと同じで、それぞれのご家族によっても生活の仕方、ライフスタイルや好みは千差万別。

 

私達がお手伝いしている建築家との家づくりは、それぞれのご家族に合わせた家づくりを進めています。

 

昨年あたりから、特に盛んに言われるようになった働き方改革。

残業ができなくなっているのは、多くの方が体感されご存知ですね。

つまり、お家で過ごす時間が増えていきます。

 

ご家族のライフスタイルに合わせた家づくりは、家での過ごし方もじっくり考えた家づくりです。

目指すのは、早く帰りたくなる家をつくること。

 

おかげさまで、実際にそのような声をたくさんい頂いています。

その証拠になるかわかりませんが、私がこれまでこの仕事での15年間でお手伝いさせていただいたご家族の中で、離婚されたご夫婦は1組もありません。

 

普通だと思っていたのですが、ある時それは自慢しても良いと言われたことがあるので、ちょっと自慢してみました。

 

早く帰りたくなる住まい、居心地の良い住まいづくりのお手伝いを今年もさせていただきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

京都・滋賀&高気密高断熱✕建築家住宅
のご相談はこちらまで
http://www.iescort-gr.jp/

 

 

建築家ネットワーク・ナビ
京都ナビ代表 
山田章人

 

 

 

 

新年のご挨拶(大阪)

明けましておめでとうございます。

建築家ネットワークナビ大阪担当、ハウス・ブリッジ谷です。

 

 

昨年は従来の、「設計コンペ」に加え、

設計事務所に訪れる顧客に対する

土地探し、住宅ローン設定を行う「建築家サポート」や、

10年のアフターメンテナンスを使える「住まいサポート24」が始まりました!

今年も、更に建築家と顧客をつなげるサポートを強化していく予定です。

 

 

建築家ネットワークナビは、

建築家のネットワークとして個々の設計事務所をつなぎ、

個人事務所では行き渡らない部分をサポートする事で

まだまだ、一般の方にとって「高値の花」と思われている

建築家との家づくりを広げ、つなげる橋渡しをしたいと思っております。

 

 

本年も建築家ネットワークナビを どうぞ 宜しくお願い致します。

 

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年は、神戸ナビとして、建築家ネットワーク・ナビの良さを建築家の皆様に知っていただき、活用していただけるようしっかり伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

建築家ネットワーク・ナビ 

神戸ナビ 菅原よしみ

ホームページはこちら⇒http://www.cmr.co.jp/

2020年 元旦

新年あけましておめでとうございます。
 
建築家と共に創りあげたデザイン住宅に住む。そのオンリーワンのもたらす満足度は高く家族の生活を豊かにし「しあわせ」を感じる為のステージとしては最良の選択肢の一つだと私たちは考えます。
 
しかし、完成するまでの道のりは決して簡単とは言えません。建築家は設計のプロであり、土地のプロでもなければ、資金のプロでもありません。
 
住宅メーカーや工務店主導の家づくりではなく、建築家との家づくりを目指す場合、様々な「プロ」と呼ばれる人たちを適切なタイミングで繋ぐことで「デザイン住宅」が完成すると考えます。
 
建築家、金融機関、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士、司法書士、土地家屋調査士、測量士、行政書士、税理士、施工会社
 
建築家ネットワーク・ナビでは様々なプロをベストなタイミングで繋ぎ家づくりのプロセスから満足度の高いトータルプロデュースをご提案します。
 
2020年建築家ネットワーク・ナビでは様々な新しい試みをスタートします。
今年も新しい出会いを楽しみにしております。
 
一般社団法人建築家ネットワーク・ナビ
代表理事 福永義正

ライフプランの目的は?③

今回は長期計画であるライフプランの作り方のお話をします。

ライフプランの作り方で大切になるのが、5W1Hに2Hを加えた【5W3H】という考え方です。

When(いつ)

Where(どこで)

Who(誰が)

Why(なぜ)

What(何を)

How(どうやって)の5W1Hだけでは足りません。

How Long(どのくらいの時間)とHow much(いくら)の2Hが加わることで、ライフプランの精度が上がります。

例えば、5年後(How Long)に200万円の車を買う(How much) この二つを固定すると年間40万円貯めること が必要です。

後は年間40万円を貯めることができれば目標は達成可能になります。

ライフプラン作成のポイントは、人生全体を俯瞰して、必要になるお金を把握する。そして、逆算して求めることです。

是非、この【5W3H】の考え方を実践してみてください^^

大阪ナビ KAWANO

ライフプランの目的は?②

なぜライフプランが必要なのかを考える前に、そもそもライフプランとは何でしょう??

ライフプランとは【人生計画】のことですよね。

自分はこんな人生を送りたい!!と、一人ひとり違う人生計画をぼんやりとでもイメージしていると思います。

皆さん違う人生計画を考えている一方で、結婚や住宅購入、教育資金、老後資金といった共通したイベントもありますよね。

このような必ず起こるであろう出来事は、事前に把握してライフプランに組み込んでおく必要があります。

なぜなら、こういった出来事には大きな予算が必要になるからです。

大きな予算を短期計画で準備することは、難しいですよね。

だから、長期計画であるライフプランを作る必要があります。

では、どうやって作ればよいのか??次回はその方法をご紹介します^^ つづく

大阪ナビ kawano