月別アーカイブ: 2021年1月

Q6. 建築家にお願いすると費用はどれくれいかかるの?

最近は設計事務所のサイトに設計料は書いてあります。でも、どこまでどのように依頼するか?や土地の形状、地域によって違う場合があります。

・おおよそ建物費用の1割くらい

と思ってよいかと思います。家の大きさによって多少は違いがありますが、設計の仕事が大きく変わるわけではありません。

建物費用=施工金額の1割と書きましたが、施工金額は仕様によって大きく変わります。
高い材料や高額な設備を使う事によって建物の費用は上がりますが、それに伴い設計料があがるのも少し違うと思いますし、逆に、設計士が材料や仕様、設備を見直してコストダウンできたのに、設計料が下がるのもおかしいと思います。

ただ、設計は設計図(プラン)だけを書くことが仕事ではなく、設計し、材料や設備などを施主の要望と予算に合わせて提案したり、設計した内容が施工の中で間違いなく反映されているか?監理する事も設計事務所の仕事です。

設計というと、間取りのプラン提案だけと思っている人が多いですが、建築家に依頼した場合、プランニングに6か月、施工管理に6か月、ほぼ1年程の期間、家づくりに関わってくれる事を考えると、施工の1割ほどの設計料は決して高くないのではないでしょうか。

それから、設計事務所によって設計料は違います。
設計の考え方や費用の内容と期間なども多少違いがあります。

建築家に設計を依頼するという事は、設計と施工を分け、建築家を専門家として自分の代理として立ってもらうという事です。
設計施工を分ける事で、材料や設備がなんでも使える事になり、本当の自由設計になります。

そして、設計料はその分の上乗せになるわけではありません。設計料と施工費用を分けて払うだけです。

一般的に、贅沢な特別なものと考えいている人が多いですが、本当は多くの人の家づくりにとって必要な事です。

Q5. 建築家との家づくり何から始めればよいのか分からない。

 

自由設計のために、設計事務所を訪ねてみようと思っても、誰にする?どの事務所がいい?わからないですよね?

・設計事務所を訪ねても始まらない

まずは訪ねてみる。でもそこで知ります。設計するための土地がないと始まらないってこと。
しかも、専門家だから訪ねたら何とかなると思っていたけど、何も始まらない。

そう、自分で揃えないといけないってことを知るわけです。

設計事務所は設計が仕事。
土地探しや住宅ローンはできません。
しかも、土地がないとプランも書いてもらえないので、設計を依頼する所も決められないという事になります。

・一番は計画

完成までの期日、無理ない予算、家を建てたい場所、
それに含めて、「自分で考えられることをまとめる事」
家を持ちたいと思った理由、希望の要望、どんな家が好みか?など

ご家族で話し合ってみましょう。理想を共有して
最初に「家を持とう」と思った気持ちがぶれずに進める事ができるように
計画を立てましょう。

・予算の確保(自己資金、住宅ローン確認と確保)
・建築家との家づくりに限らずですが、この家づくりに全体でいくらかかるのか?確認してから設計事務所を探しましょう。

 

Q4. 土地だけでも住宅ローンを使う事ができるの?

知らないからあきらめる、1つの銀行に行ってできないと思ってしまうけど本当はできる。

自由設計をしたいと思ったら、設計を依頼する事ですが、設計してもらうためには土地が必要です。
先に土地を買うためには住宅ローンが必要です。
でも、土地のローンを借りるためには、建物の計画や見積りが必要です。

・プランと見積りがないと進まない

住宅ローンはとっても優遇された「自邸のためのローン」だから、しっかりした計画が求められます。
時には施行契約書や申請書を求められる時もあります。

計画がしっかりしているか?を見るためです。
銀行によって揃えるものも違い、順番や審査も違います。

・実はできる

ちょっと面倒ではありますが、計画がしっかりしていれば土地だけのローンは借りる事ができます。
土地だけのローンは借りれないとあきらめないでください。
知らないだけでできるんです。

住宅ローンについて詳しくはこちら