住宅ローンで失敗しない方法

多くの方にとって、どんな家づくりにも住宅ローンは必要です。

家づくりの方法は違えど、住宅ローンに関しては同じだと思っていないでしょうか?

実は、建築家に依頼する場合、ハウスメーカーや工務店に依頼する時と同じような手順では失敗します。

 

インターネットや、住宅雑誌ではあまり書かれていない、住宅ローンの盲点をお伝えすることで、住宅ローンで失敗せずに素敵なマイホームを手に入れていただければと思いこのレポートを作りました。

 

ぜひ、じっくりお読みいただき、家づくりを成功させてください。

ズバリ、核心からお伝えします。

 

建築家との家づくりと、日本の住宅ローンの仕組みには、いくつかのミスマッチがあります。

そのために、借りる側には不利な条件があります。

そこから知ってください。

 

 

<住宅ローンで、建築家との家づくりで失敗しやすい3つの原因とは>

 

  • 原因1・・・設計と施工を、分けて依頼する。

 

  • 原因2・・・土地の取得も住宅ローンで借りる場合、設計の契約よりも先に土地の契約をする必要がある。

 

  • 原因3・・・住宅ローンには建物の有効期限がある。

 

家づくりを多少でも始められていると、これらの障害の意味が少しは分かるかもしれません。

ここでは、全く知識がなくこれから始められる方にも、分かるように解説します。

 

これらを知っていただくことで、建築家に家づくりを依頼する場合のメリットや注意しなければいけないことも見えてきます。

 

また、ハウスメーカーや建売でお考えの方も、住宅ローンをスムーズに借りられる金融機関を見つけることで、より条件の良い住宅ローンの選び方がわかります。

 

次回は原因1からお伝えします!