自然素材のメリット・デメリット⁉

 

最近、自然素材にこだわる方が多いようですが、自然素材の壁についてのメリット・デメリットについてお話をします。

よく言われる、自然素材の壁には、①漆喰の壁②珪藻土の壁の2つが挙げられます。

①漆喰の壁…メリット

・アルカリ性のため、ニオイの元となるカビなどの細菌を分解してくれる効果があります。一般家庭の場合は、さまざまな生活臭やカビ臭さ、ペットのニオイなどを軽減してくれるはずです。

・静電気をため込まない性質を持っているため、壁にホコリやゴミなどが付きにくくなります。

・古くからお城の壁や、蔵の壁に使われてきたほど耐久性・耐火性に優れた建材です。室内では一度塗ってしまえばビニールクロスと違い、汚れなどにより定期的に張り替える必要もありません。また、万が一火事になったとしても、火の回りが遅く被害を最小限に抑えることが出来るでしょう。

・漆喰にはそのホルムアルデヒドを吸着分解する効果があるとされるため、化学物質過敏症の方やシックハウス症候群の方にも優しい素材です。

では、デメリットは⁉

・ビニールクロス等に比べると、施工には手間と工期がかかるため費用も割高になります。(最近では、DIYでされる方もいらっしゃいますが、やはり時間と手間がかかります。)

・漆喰は水分を吸収する性質があるので汚れも染み込んでしまいます。そのため、乾いてしまう前に拭き取る必要があります。もし汚れがついたまま乾いてしまった場合は、消しゴム・紙ヤスリ・メラミンスポンジなどを使い、軽くこすると汚れを落とすことが出来ます。

②珪藻土のメリット

・特にこれからの季節、梅雨時期など、室内の湿度が上がっている場合は、余分な湿気を珪藻土の穴が吸収します。反対に、室内が乾燥しているときは、吸収していた湿気を室内に放出するのです。

・生活のありとあらゆる匂いを吸収し、脱臭してくれる効果があります。

・七輪や、耐火煉瓦に使われるように、非常に日に強い(耐火機能)性質を持っています。

では、でエメリットは⁉

・そもそも土のため、ひび割れを生じることがあります。(こちらは、漆喰も同じ)

・珪藻土は(漆喰と同じ)室内の湿気を吸収する働きがあるため、色の濃いコーヒーやお醤油をこぼしてしまった場合は、シミになる可能性があります。 
自然素材でカラダにも心にも優しい漆喰と珪藻土の壁。機能性が高く、私達の部屋を快適にしてくれます。壁の素材に悩んだら、漆喰と珪藻土のメリット・デメリットをきちんと知ってぜひ検討されてはいかがでしょうか?