なぜ、建築家との家づくりが難しいのか?

家を持とうと思うキッカケはそれぞれですが、

せっかく家を持つなら、自分好みの家他と少し違う家オリジナルな家

そんな家を持ちたいと思う人は多いと思います。

 

 

はじめての家ですから、ネットなどで色々調べたりして

オリジナルな家づくりの方法として、

建築家に設計を頼む 」と言う選択までたどり着いた方は少なくないでしょう。

でも、そこからの進め方が難しく迷っている人が多いのが現実です。

 

 

何から始めるのか? どうしたら良いのか?

どんなに調べて比較しても、わからない事がたくさんあります。

好みの家を検索し、画像で見つけた家を建てている建築家の設計事務所を

訪ねる人もいるでしょう。

「 建築家は専門家だから訪ねたらどうにかなる。」と思う人もいます。

一件でも訪ねた人ならわかりますが、

何も決まっていない状態で設計事務所を訪れても進みません

そこで、立ち止まってしまいます。

 

 

それは、『 土地がない事 』と

『 土地購入だけに住宅ローンが組めないと思ってしまう事 』にあります。

そして「土地探し」や「住宅ローン」は設計事務所の仕事ではないので、

お客様自身がする事になるのですが、何も知らない人には難しい事なのです。

土地がある人、土地を現金で買える人はかろうじて進むことができますが、

建築家との家づくりが高嶺の花のように思われているのは、

このハードルがあるせいではないかと感じます。

 

 

次回、具体的にそのハードルについて書いていこうと思います。