月別アーカイブ: 2020年9月

住宅ローンは、図面ができていないと審査を受け付けてもらえません。

住宅は生活の基本、ということで金利が特別低く設定されているため、住宅以外の用途には融資されません。

そのため、建てる建物が住宅であるかどうかの確認が必要になり、図面がないと審査してもらえません。

ところが、建築家との家づくりの場合、通常、依頼の契約をしてからでないと、銀行に出せる図面は書いてもらえません。

図にするとこんな感じです。
この進まない状況のために
お客様と建築家との壁が大きく
解決するために「建築家サポート」をご利用下さい。

住宅ローンは、土地が決まっていないと審査も受け付けてもらえません。

土地も一緒に住宅ローンで、と考えられる方は多いと思います。

通常、住宅ローンはその土地を担保にするために、土地が決まっていなければ担保価値がわからないために、審査は受け付けてもらえません。

つまり、建築家を決めると同時に土地も決めて、予算も出さないといけないことになります。

いくら借りられるのか?を知るために仮審査を通す方法もありますが、何度も仮審査を通すのは信用の問題でお勧めしません。

また、建物の大まかな概要が決まっていなければ、金融機関はどれくらい融資できるのかの目安も建てられません。

住宅ローンの悲劇

 

ある方の悲劇・・・土地は自己資金で購入されました。

ある建築家に依頼し、何ヶ月もかけて設計図面が完成し、工務店に依頼する段階で住宅ローンの審査に初めて依頼されました。

ところが、インターネット上では余裕の資金計画だったにもかかわらず、残念ながら審査が通りませんでした。

審査が通らない理由には色々ありますが、

  • 車など、別のローンを組んでいる。

  • カード支払いを延滞したことがある。

  • クレジットで買い物をしている、

  • 携帯電話を分割で支払いしている。

意外とありそうな事も多いですが、
銀行ではこんな風に見ています。

  • ​何でもすぐに借りて買い物をする我慢できない人

  • 借りたお金を期限までに返さない人

  • 収入に比べて返済の比率が大きい​

結局この人は一旦、家を建てるのをあきらめざるをえませんでした。

ここまでの費用、もちろん設計料も請求されます。

監理業務はしていませんので必要ありませんが、設計は完了していますので60%~70%は契約の業務完了です。

 

費用として100万円単位に。

建築家も泣く泣く割引したそうですが、半年ほどの時間を費やして減額されては泣くに泣けないですね。

お施主さんも、建たない建物の設計料を負担しなければならないということになってしまいました。